【保存版】花蓮観光のための花蓮エリアガイド

花蓮

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

【 花蓮 観光 / 花蓮 行き方 / 太魯閣 渓谷 / 鯉魚潭(リーユイタン)/ 花蓮 ホテル / 花蓮 ツアー / 花蓮県 花蓮市

花蓮の魅力

花蓮県(Hualien)は台湾東部に位置し、真っ青な海と深い山に囲まれた景勝地です。台湾新幹線は走っていないし、台北からの自動車ルートも一つしかないため、アクセスは決して良いとはいえませんが、だからこそこれだけの大自然がそのまま保存されているともいえるかもしれません。阿美族が多く住む地域で、原住民料理なども有名です。しかしなんといっても大自然そのものが花蓮の魅力で、台湾はどこでも夕日はきれいですが、花蓮の夕日は強く記憶に残っています。そして、七星潭などの太平洋側の海岸は、黒い砂利のような浜が広がり、あまり見たことがないような青さが独特の魅力を放っています。

《七星潭の様子》

日本統治時代から風光明媚な景勝地として知られる太魯閣渓谷は、まだ訪れたことがありませんが、必ず訪れてみたい地の一つです。花蓮市街からはかなり距離があり、険しい山に入っていくので、次回はツアーなどを利用したいと思います。

花蓮県

花蓮県(出所:Wikipedia)

花蓮へのアクセス

私は前回、台北からレンタカーを運転して花蓮に行きましたが、なかなか険しいルートを通らざるを得ないため、ふつうは電車か飛行機でアクセスすることになると思います。鉄道は台鐵(台湾鉄道)の台北駅から花蓮駅まで、太魯閣號・普悠瑪號で約2時間ですが、チケットが取りにくいとよく聞きます。飛行機でしたら台北松山空港から40分程度とのこと。以下のようなチャーター車のプランもあるようですが、グループ利用でないと高額になってしまいますね。

KKday: 台北松山 – 花蓮:ユニー航空 片道航空券(外国人限定割引)

KKday: 台北 – 花蓮・貸切チャーター車+観光ツアー|九份・清水断崖・蘇花公路(逆方向可)

KKday: レンタルバイク(125cc)利用チケット|花蓮駅受取

 

花蓮の主な観光エリアの概観

花蓮県地図

 

👉 花蓮県政府ホームページ(中国語)

👉 花蓮市政府ホームページ(日本語)

 

花蓮 主要観光エリアの紹介

それでは花蓮と太魯閣の主な観光地域をそれぞれ紹介したいと思います。

1.新城鄉 / 花蓮市東部 〜 花蓮空港、七星潭、花蓮観光漁港

私の大好きな場所「七星潭」を中心とする、花蓮市から少し外れたエリアからスタートしてみます。

すぐ近くに花蓮空港と空軍基地があります。

七星潭風景区

 👉 施設情報:七星潭風景区

 住所:花蓮縣新城鄉七星街79巷5號

四八高地

 住所:970花蓮縣花蓮市海岸路華東路

花蓮観光漁港

 住所:花蓮縣花蓮市港濱路37-2號

 

七星潭に比較的近い花蓮市東部のおすすめホテル

🏨 フーロン ホテル 花蓮 Fullon Hotel Hualien(福容大飯店 花蓮)

 住所:花蓮縣花蓮市民生路51號

🏨 Parkview Hotel Hualien(美侖大飯店 花蓮)

 住所:花蓮縣花蓮市林園1之1號

🏨 Chateau De Chine(花蓮翰品酒店)

 住所:花蓮縣花蓮市永興路2號

🏨 レイクショアホテル 花蓮 Lakeshore Hotel Hualien(煙波大飯店花蓮館)

 住所:花蓮縣花蓮市中美路142號

花蓮翰品酒店のすぐ近くには、美崙按摩中心 というマッサージ店があり、前回2日連続で訪れました。盲目の熟練按摩士のおじいさまがひとり、丁寧にマッサージしてくれます。

美崙按摩中心

 

2.花蓮市 海側 〜 北浜公園、東大門夜市、花蓮鉄道文化園区

北浜公園から海に沿って自強夜市(東大門観光夜市)まで、いくつかのオーシャンビューの旅館があります。

ご存じのとおり、私は「慢點民宿」に宿泊して、大大大満足しましたので、あらためて推薦しておきますね!

 

東大門夜市 まですぐの距離です。近代化された夜市で、この中にある「 東大門原住民一條街 」では、原住民料理も楽しめます。

東大門原住民一條街

ここから中山路を北側、山側の方に向かって歩いて行くと、花蓮鉄道文化園区 を超えて、花蓮市街地に入っていきます。有名は「 公正包子 」がある通りを入ると、小料理屋がたくさんあり、ちょっとした夜市街のようような路地を楽しめます。

公正包子

花蓮公正包子店

 住所:花蓮縣花蓮市中山路199-2號

ここからすぐのところに、花蓮文化創意産業園区 があります。台北では旧タバコ工場がリノベーションされていますが、ここは日本酒製造工場だった建物が生まれ変わって、買い物や食事が楽しめる複合施設になっています。

この北側が、私が前回通ったバー「 193美式酒餐館 」ですね!

 

日本統治時代の軍事建築物「 松園別館 」は、車で行ったのですが、駐車スペースがほとんどなく、蚊の襲撃が凄すぎて退散してしまいました。残念。

松園別館

この近くには 多桑懐旧小吃 という台湾料理のお店があります。

 

花蓮市街 海側のおすすめホテル

🏨 花蓮阿思瑪麗景大飯店 Arsma Hotel(花蓮鉄道文化園区すぐ近くのホテル)

🏨 花蓮力麗華美達安可酒店 Ramada Encore by Wyndham Hualien

 

マリンスポーツのツアー案内

KKday: 花蓮|清水断崖沖で楽しむシーカヤック体験|花蓮市内ホテル送迎付き

KKday: 花蓮ホエールウォッチング体験|花蓮市内または花蓮駅送迎付き

 

3.花蓮市 山側 〜 花蓮駅、佐倉歩道、猟戸瀑布、楓林歩道

花蓮駅周辺の宿泊は良いと思いますが、そこから山側はどちらかと言うとリピーター向けのハイキングが主目的になってくると思います。

花蓮駅 近くのおすすめホテル

🏨 Classic City Resort 経典仮日飯店

🏨 Kindness Hotel Hualien 康橋大飯店花蓮站前館

🏨 F Hotel – Hualien

🏨 Hotelday+ Hualien 承億文旅花蓮山知道

より山側に行くと、慢點海景民宿のオーナーが運営している「 迴音谷森林民宿 Echovilla B&B 」があります。この辺りの山並みには、ハイキングなどの行き先がたくさんあるようです。

佐倉歩道

撒固児瀑布

佐倉観景平台

また、もう少し西寄りに移動すると、やはりハイキングや川遊びに適した場所がたくさんありそう!滝(瀑布)も美しいですね。

砂婆当渓畔公園

美崙溪上游

猟戸瀑布

楓林歩道

 

花蓮郊外

花蓮県はかなり大きく、花蓮市街を離れると、花蓮の自然はまたさまざまな顔を見せてくれます。

1.鯉魚潭(リーユイタン)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

林君去哪兒Amanda🌸(@amanda017.lin)がシェアした投稿

花蓮市から西南側にある東虎子山の下に位置しており、鯉の形をした鯉魚山の麓にある湖。その美景から「東部の日月潭」とも言われています。

サイクリングやハイキング、キャンプ、各種ボートなどが楽しめ、4月〜5月はホタル観賞もできるそうです。

前回は下調べが足りず、ここに行かなかったことが悔やまれます、、、

鯉魚潭

 👉 施設情報:鯉魚潭

 住所:974 花蓮市寿豊郷

KKday: 花東縱谷をめぐる1日ツアー|鯉魚潭、蝴蝶谷、瑞穂牧場|花蓮市出発

 

2.立川漁場 / 雲山水 夢幻湖

花蓮市街から台東方面に自動車で30〜40分ほどの距離にあります。この辺のロードサイドビューは、なんともいえず好きです。

立川漁場

雲山水はインスタスポットとしても人気があるようですが、少し観光地化されすぎているため、むしろ立川漁場の方が楽しいかもしれません。

雲山水

立川漁場

 👉 施設情報:立川漁場

 住所:花蓮縣壽豐鄉魚池45號

雲山水夢幻湖

 住所:花蓮縣壽豐鄉豐坪路二段2巷201弄18號

 

3.林田山林業文化園区 / 大石鼻山歩道

私は前回訪問できていませんが、台湾人の方が「林田山林業文化園区」を強くおすすめしていました。

林田山林業文化園區

 住所:花蓮縣鳳林鎮林森路99巷99號

大石鼻山歩道

 住所:977花蓮縣豐濱鄉

豊浜天空歩道

 住所:977花蓮縣豐濱鄉花東海岸公路

ちなみにさらに台東寄りの場所に、こんな高級ホテルがあります。このホテルと、グランドメイフル台北の2軒だけが、台湾のスーパー五つ星ホテルに選定されているそうです。

🏨 グランドコスモスリゾート(瑞穂天合国際観光酒店)

 住所:花蓮縣瑞穗鄉溫泉路二段368號

 

4.太魯閣 渓谷

日本統治時代から風光明媚な景勝地として知られ、現在は太魯閣国家公園となっています。山深く入っていくようですから、ガイドとともにツアーで行くのがベストではないかと思います。

KKday: 【花蓮発】太魯閣(タロコ)観光・貸切チャーター車半日 / 1日ツアー

KKday: 花蓮観光1日ツアー|太魯閣(タロコ)・清水断崖|花蓮市內送迎付き

 

花蓮観光の注意点

2018年2月にマグニチュード6級の花蓮地震が発生しました。私が初めて花蓮を訪れたのは、およそ1年後の2019年4月で、ちょうど大きな余震が観測されていたこともあり、太魯閣渓谷は落石が怖いということで訪問しなかったという経緯があります。実際、到着した日の夜に震度5クラスの地震がありました。私はすっかり酔っ払ってしまって気付かなかったのですが(笑)。

花蓮県は景勝地がたくさんありますが、面積が大きく、移動にそれなりに時間をとります。忙しく動き回るのもいいですが、個人的には「七星潭」がすっかり気に入っていまい、どうせならここに自転車で行けるようなホテルに宿泊して、できるだけこの海岸を楽しむ時間をたくさん取りたいと思います。下の動画は、四八高地 という穴場から七星潭を眺めた様子です。

 

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。