【内湖グルメ】ジーローハンのお店─小頭雞魯飯

小頭雞魯飯

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

内湖 / ジーローハン / 小頭雞魯飯 】

今日はみなさんに、台湾の代表的グルメの一つをご紹介します:

雞魯飯(ジーローハン)!これは、鶏肉飯+魯肉飯(ルーローハン)が合体したものです。

 

お店は、台北市内の内湖科学団地の近くにありますが、

この辺りはオフィスビルが立ち並んでいるところなので、観光客が来ることはあまりないと思います。

しかし、会社が多いからこそ、この辺にはグルメやレストランの数が大変多く、

安くて手軽な軽食から高級レストランまで、地元の人にとっては美食の宝庫となっています。

小頭雞魯飯」がある737通りは、中でも軽食店が集まっているエリアです。

この細い通りには、美味しい屋台が建ち並んでいて、まるで夜市のようです。

もちろんお昼にも営業していて、内湖地区で有名な屋台はほとんどがここで出店しています。

とはいえ軽食屋台の競争はとても激しいため、しばらくぶりに足を運ぶと、屋台の顔ぶれが変わることもしばしばです。

今回紹介する「小頭雞魯飯」は、初めは屋台からスタートしましたが、今ではお店を構える規模になりました。

メニューの内容。

基本的には軽食屋台でよく見る内容と同じで、一般的な食事はぜんぶ揃っています。

ちょっと特別なのは、冬場に出されている「當歸鴨」(鴨肉スープの入った麺)で、まさに今が食べ頃。

一番オススメなのは「雞魯飯」ということだったので、ちょっと考えてから注文!

お願いしたのは、以下のメニューです:

[雞魯飯](大)+[青菜蛋花湯]+[油豆腐]+[豆干]+[海帶]

 

[雞魯飯](ジーローハン)

ご飯の量が多いため、具の量が少ないように感じますが、

味が濃くしっかりしていて、なるほどイチオシの理由が分かります。

 

[青菜蛋花湯](青菜と卵のスープ)

ふつうの卵スープですが、特に気に入ったのは、

卵とは別に、青菜や海苔などの香りがそれぞれやってくるところ。

青菜を補給したいあなたには、ベストなスープですよ。

 

[油豆腐]+[豆干]+[海帶(昆布)]

台湾の代表的なおつまみ3点セット。醬油膏(台湾とろみ醤油)を少しかけて食べるのがオススメ。

でも日本では、台湾とろみ醤油と合わせた食事はあまりないかもしれませんね。

 

食べ終わったらお腹いっぱい。でもこれでたった150元です!

台北の物価では、150元は少し高級なお弁当、あるいは牛肉麺と同じくらい。

おつまみを頼まなかったらたったの100元!めちゃくちゃ安いと思いませんか。

737通りには他にも美味しいデザートのお店もあるので

お腹は八分目にとどめて、甘い物のために余裕を残しておいてくださいね~

もし内湖の737通りに来られることがあれば、端から端までお店をよーくチェックしてみてください。

必ず大好きになる食べ物を見つけられるはずですから!

 

お店情報

小頭雞魯飯

住所:台北市內湖區內湖路一段737巷12號

 

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。