大安にある隠れ家グルメ「陳猪肝湯」

陳猪肝湯

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

HOME HOTEL大安に一人で1週間ほど滞在したあの6月、毎晩のように近くのバーなどで飲んだくれていたわけだ。ふらつく足で部屋に戻り、ばたんきゅー。朝、目が覚めると、二日酔いではあるが、何か胃に入れたくもなる。おかゆかスープか。

大安エリア

何かの情報からこのお店「陳猪肝湯」の存在を知ったのだが、いまTripAdvisorで検索しても出てこないので、何を見たのかが定かでない。スープが旨そう、ただそれだけで妙に浮き足だって、出掛けてみることにした。

ホテルから歩いて10分もかからないところにあるそうだ。二日酔いの朝は、お腹の調子も悪い。でも近場ならいつでも急いで帰ってこられるから安心でしょ?(笑)

大安エリア

復興南路一段を少し下ると、上の写真のように、右先にThe Howard Plazaホテルを見ながら、仁愛路四段の交差点を渡る。暑い。とにかくこの6月は暑い。渡ると左手に大きな病院がある。仁愛醫院(医院)というそうだ。目指す店はその裏通りにある。

陳猪肝湯

おお、なんか良さげな雰囲気だぞ。何を頼んだらいいか分からないから、前の人が頼んだものと同じものを注文する。

陳猪肝湯

やってきたのは、このスープと麺。

このスープが名物「豬肝湯」ということらしい。豚肝スープ。レバースープとでもいおうか。

一口すすると、旨い!二日酔いの胃にしみわたる滋味。

生臭さなどは一切なく、むしろさっぱりした味付けなのに、なんかやさしい滋味が嬉しい。

台湾で飲むスープは、いつもこんな感覚にさせられる。やさしい味。薄めの味付け。

陳猪肝湯

そして麺は、メニューを見ても分からないけれど、油蔥乾麵か、豬肉乾麵、もしくは麻醬冬粉か。

乾麵だったと思うが、これまたしっかりこしのある麺で、豬肝湯との相性抜群!

 

大安エリア

Instagramで知り合った友人は、子供の頃にこの辺りに住んでいて、このお店がお気に入りだったそうだ。

地元民に長く愛されている隠れ家的グルメスポット。おすすめです。

 

陳猪肝湯

台北市大安區復興南路一段253巷46號

(仁愛醫院の近く)

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。