台湾の文化 – 中秋節と月餅

中秋節と月餅

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

【 中秋節 / 月餅 】

まもなく、中秋節 の時です。

中秋節 は台湾(および中華圏)で重要なお祭りの一つです。

時期は旧暦の8月15日で、新暦でのカレンダーでは通常、9月になります。

春節と同じように、親戚や家族と集まって時間を過ごし、一緒に月を眺めながら、月餅と柚をいただきます。

私が住んでいる台湾の北部では、子供の頃はこうした伝統的な過ごし方をすることが一般的でした。

しかし、次第にテレビCMの影響を受けて、中秋節には焼肉バーベキューをする家族が増えてきました。月餅と柚を見ることは、だんだんと減ってきています。

 

でも台湾では、中秋節でなくても、この季節になると月餅を贈り物にする人が多くいます。

台湾の伝統的な味の月餅は、紅豆蛋黃(赤豆の卵黄)、鹹蛋黃(塩漬けたまごの黄身)、紅豆餡(小豆あん)が入っています。(ふつうはアヒルの玉子の黄身が使われています)

緑豆あんも伝統的な味で、なかなか捨てがたい選択です。

さらに、近年多くの新しいフレーバーが開発されており、その選択肢は広がっています。

私は個人的にこのお祭りでは帰省していませんが、やっぱり月餅は食べたくなります。

 

ですから、私がみなさんと共有したいのは、「月餅」なのです。

今回は「BAKE CODE 烘焙密碼」の月餅を買ってみました。味は「紅豆蛋黃」と「芋泥白玉」の2種類です。

BAKE CODEは台湾のパン屋さんですが、まだ店舗数が少なく、

台北では、新竹のほかに、西湖に1店舗があるだけです。

私は一人分として、2つの月餅だけを買いました。

月餅の値段はだいたい一つで55台湾ドル(約170円)。

台湾でいえば、2つの値段で1回食事ができるくらいですね(笑😆)

紅豆蛋黃の味は伝統的なものですが、小豆あんは甘すぎず、外皮はパリッとしています。

芋泥白玉は台湾でも一般的になってきている、斬新な味付けです。

あんには、「芋泥」(たろいも)を使い、さらに「白麻糬」(※日本の大福餅の外皮のようなもの?)を加えた食感になっています。

個人的にはタロイモは好きですが、「白麻糬」の甘いお菓子はそれほどでもありません。でも一般的にはかなり美味しいといえると思いますよ。

 

 

日本のみなさんも、ぜひ機会があったら月餅を召し上がってみてください。

中秋節前後(9月)には、月餅を販売しているお店もたくさんあります。

 

店舗情報

BAKE CODE 烘焙密碼

・台北西湖店
・新竹三民店
・新竹莊敬店

 

 

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。