【台北| 圓山】グルメ:阿干食堂・可不可熟成紅茶

晴光市場・阿干食堂・可不可熟成紅茶

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

今日は久々の圓山駅に来ました。この辺のグルメスポットといえば、やっぱり「晴光市場」です。

今回紹介したいのは阿干食堂」と可不可熟成紅茶」です。

高校生の頃に何度か行ったことがあります。

でも今回の訪問では、市場そのものが完全に観光名所という感じに変わっていて、

人の感覚というものは面白いものだなと、あらためて感じます。

市場を一巡りして、最終的にこのお店

阿干食堂」で食事をすることにしました。

ここ数日の台北は雨が続いていて、私がここに来たときも大雨。

そこで何か温かいものを食べようと、最後に決めたメニューがこれ。

 

[麻辣綜合]鴨血+臭豆腐+冬粉(オプション)

台湾の古典的な軽食の1つは、「臭豆腐」と「鴨血」(鴨の血を寒天のように固めたもの)で味付けした火鍋のようなものです

私を含めて、多くの台湾人はこれがとても好きです。

だけどよく考えてみると、「臭豆腐」と「鴨血」そして「香菜(パクチー)」の3点セットとくると、日本人が最も食べたがらない食べ物ですよね(笑😆)

もちろん無理強いはしませんが、もしも機会があったら、ぜひ一口でも食べてみることをオススメしたいと思います。

さらに、このお店を経営するご夫妻は、とっても親切!

私は辛いのが苦手で、食べるのが遅いため、冬粉という麺が伸びてしまって、スープを吸い込んでしまうことが多々あるのですが、ご主人はそれを見て、スープを継げ足しに来てくれました。

私の傘も屋台の中の分かりやすいところに置いてくれて、天気は寒々しくても、温かい料理と親切さに、気持ちが暖かくなりました。

 

食事中に見つけたのが、お隣にあるお店

可不可熟成紅茶」です。

スマートフォンで調べてみると、台中が発祥のティーショップとのこと。

まだ台北のチェーン店は少ないため、私も初めて知ったお店です。

辛いものを食べた後なので、甘いものが飲みたくなりますよね。

頼んだ飲み物は、紅茶と冬瓜露(とうがん)で出来ていて、ふつうの飲み物屋さんと比べてメニューも多くありません。

でも紅茶を愛する精神が感じられ、店内の装飾も素晴らしく、とっても綺麗でした。

 

 

最終的にこれを注文!

[熟成歐蕾]熟成紅茶+牛奶(少冰正常甜)

※熟成紅茶と牛乳のミックス(氷少なめ・通常の甘さ)

他の人の紹介記事を見ると、このお店の紅茶は甘すぎるという意見もあるみたいです。

でも甘党の私からすると、ふつうの甘さであることに加えて、クセになる味だと思います。

紅茶の味もしっかりしていて、とても味が良いです。

残念ながらチェーン店があまり多くないため、私が住んでいるところで飲むのは少し難しいです。

あなたがこの近くで遊ぶ機会があれば、ぜひこれらのお店も試してみてください!

 

店舗情報

晴光市場内:阿干食堂

住所: 台灣台北市中山區雙城街10巷41號

営業時間: 年中09:00-20:00

【留意点】

  • たくさんの台湾の軽食を、安く、おいしく味わうことができます。
  • 雨の日も開いていますが、ほとんどの屋台は露天のため、雨の日はお勧めできません。

 

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。