初めての台南観光〜「神農街」刻み込まれた路地の魅力

台南的回憶

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

台南 観光 / 台南 見どころ / 神農街 】

初めて台南に行ったときの思い出。2日間で 安平 、 延平老街 、 赤嵌樓 、 神農街 、 林百貨 、 台南孔子廟 などを巡りました。旅行で一番魅力を感じるのは、どこにでもありそうな「 路地 」だなと再認識させられます。

私が初めて台湾を訪れたのは2014年10月初め。すっかり好きになってしまい、日本に帰ってからも、すぐに台湾を再訪問して、11月末に2泊で 台南 に行きました。台北から台南まで、台湾高速鉄道で2時間半程度。事前にインターネット上でチケットを購入しておきました。前の晩に台湾入りし、当日はお昼頃の台北発の新幹線の搭乗しました。

 

台南駅

台南駅

台南に着いてホテルにチェックインした後は、まずは安平樹屋の辺りから散策を開始。11月だというのに、暑くて暑くて、Tシャツで歩いていた記憶があります。とても良い雰囲気の街並みでした。

安平樹屋

安平樹屋

安平樹屋

安平樹屋

安平古堡

安平古堡

延平老街

延平老街

延平老街

 

翌日は赤嵌樓への訪問から始めます。

赤嵌樓

赤嵌樓

お腹が空いたので、赤嵌樓の向かい側のレストランに入りました。おいしそうなものを食べてる人を指さしてお願いしたので、名前が分からないのですが、ここで飲んだこのスープがあまりにおいしくて感動。日本の鰻屋では、秋限定で「土瓶蒸し」というスープがありますが、これと似た味でした。後から教えてもらったのですが、現地でも「土瓶蒸」というそうです!

赤嵌樓前の屋台

赤嵌樓前の食堂

土瓶蒸

赤嵌樓の云われは知識としては知っていましたが、なかなか趣深いところでした。

赤嵌樓

赤嵌樓

赤嵌樓 https://view.boch.gov.tw/NationalHistorical/ItemsPage.aspx?id=17

 

そのまま、神農街に向かいました。この通りに入ってみて、ああ台北でも目にしたけれど、台南でもこのような通りが大事にされているだなと思いました。古き良きものをそのまま残し、なおかつ今風にアレンジしたお店がたくさんあります。若い子たちもたくさん訪れており、「 路地 」というものの魅力を再認識させられます。旅行で一番魅力を感じるのは、どこにでもありそうな「 路地 」だなと再認識させられます。

神農街

神農街

神農街

神農街(北勢街) https://okgo.tw/butyview.html?id=3095

 

金華府

金華府

金華府

金華府

 

そのまま、近くの林百貨へ。おしゃれで可愛いものが、たくさん並べられています。手作りの品もたくさん。

林百貨

林百貨

 

台南

 

歩き回った足が疲れ切っています。ふと入った鄧老師というマッサージ店で、足裏マッサージをしてもらいました。日本と違って、押す力が強く、痛いけれど最高です!鄧老師はチェーン経営で、台北にもあるんですね。

永華店 - 鄧老師養生館

永華店 – 鄧老師養生館 https://www.teacherdeng.com/store_info.html?n=7&c=42864.6728240741-8&fs=%A5%C3%B5%D8%A9%B1

 

このお店は、すごい行列。ぜひ食べてみたかったですが、諦めました。。。

 

臺南孔子廟

臺南孔子廟

臺南孔子廟

臺南孔子廟

臺南孔子廟 https://view.boch.gov.tw/NationalHistorical/ItemsPage.aspx?id=16

 

ホテルに帰り着きました。さあ、ビールの時間です!

 

そして翌日、午前中の新幹線で台北に戻りました。
まだまだ行けていない場所が多いですが、台北とは違った魅力のある場所でした。あらためて訪れて、もっとディープなところを散策したいと思っています。

台南駅

 

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。