【台湾 嘉義】檜意森活村 Hinoki Village〜映画「 KANO 」の近藤コーチが住んでいた寮を訪問してみよう!

  • HOME
  • BLOG
  • 嘉義
  • 【台湾 嘉義】檜意森活村 Hinoki Village〜映画「 KANO 」の近藤コーチが住んでいた寮を訪問してみよう!
檜意森活村 Hinoki Village

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

【 台湾 嘉義 / 台湾 観光地 / 檜意森活村 Hinoki Village / 映画 kano 】

(日本語翻訳=Tannen、Kotaro)

檜意森活村嘉義 檜村里にある観光スポットです。この場所は昔は「檜町」と呼ばれ、日本統治時代に阿里山の林業を開発するために建てられた寮です。寮の多くはヒノキを使って建てられたため「檜町」と呼ばれていました。公式サイトによると、ここは台湾最古の林業村であるとともに、最も完全に保存された、日本式官舎寮の建築物です。2005年に嘉義市政府により、「指定史跡・歴史建築物」に登録されました。 一緒に写真を見ながら檜意森活村を探索してみましょう!

嘉義檜意森活村

入口でもヒノキは檜意森活村の象徴として使われています。

嘉義檜意森活村

檜意森活村 に入って、特別なお店を一つずつ訪ねます。懐かしいお菓子、玩具、飾り、お土産、かき氷、レストランのほかに、浴衣のレンタルもあります。スタッフが浴衣を着るのを手伝ってくれるので、着物を着て散歩しながら、昔の生活を体験することもできます。まるで昔に帰るみたいですね!

 

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

暑い日にはかき氷のお店に行きましょう!

嘉義檜意森活村

檜意森活村 Hinoki Village :緑が溢れる木陰に沿って、映画「 KANO 1931海の向こうの甲子園 」の中で近藤コーチが住んでいた寮を訪ねてみましょう!現在はレストランに改装されましたが、映画についての貴重な写真や歴史的文物が保存されています。歴史資料によると当時の嘉義農林が甲子園に参加できたことは、本当に台湾の人々に勇気を与えるニュースでした。

 

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

入口には映画「 KANO 1931海の向こうの甲子園 」のポスターが貼られています。

嘉義檜意森活村

映画制作時に使われた道具も、ちゃんとこちらで保存されています。

嘉義檜意森活村

本物の嘉農のヒーローは、この写真の中の若者たちです。

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

当時の歴史資料も展示されています!

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

嘉義檜意森活村

当時の昭和天皇、皇后と明仁皇太子の写真です。

明仁天皇は2019年4月30日にご退位され、上皇となられました。

—————————————————————

もし 嘉義 に来たら、阿里山や奮起湖で遊んだり美味しい火鶏肉飯を食べるだけじゃなくて、

檜意森活村園区にもぜひ立ち寄ってみてください!

檜意森活村 Hinoki Village

住所:600嘉義市林森東路1號

 

This post is also available in: 繁體中文 (繁体中国語)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。